· 

腸内環境を整える重要性


 以前から「腸内環境」「腸内細菌」についての記事ばかり挙げています。

重要過ぎて、発信しておきたい気持ちが抑えられません。


今回は、貧血に絡めたお話しです。
不妊でお困りの方も、貧血は治すべき重要項目ですし、記しておきましょう。



 腸内細菌は、私たち人と共生関係だと言って来ました。
腸内細菌が整っていなければ生きてはいけません。


 腸内細菌の役割り

① 病原体の侵入を防ぐ
② 食物繊維の消化
③ 短鎖脂肪酸の産生
④ ビタミンの産生
⑤ 鉄分の変換
⑥ 免疫の構成


これらが乱れてしまったら、健康的に過ごすなんて無理です。
サプリを摂ろうが、運動しようが、呼吸法しようが、全て意味がない。

腸内細菌によって、私たち人間は生かされている。


 鉄分の変換

鉄分を補給する際に「ヘム鉄」じゃなきゃダメ!
と聞いたことはないでしょうか?

ヘム鉄とは、三価鉄と言って、人が吸収しやすい形の鉄分です。
ヘム鉄の「ヘム」と「グロビン」が結合して、ヘモグロビンと呼ばれます。

このヘム鉄は、主に動物性の鉄分です。
肉や魚などから摂取しなければなりません。

野菜に含まれる鉄分は、「二価鉄」と言って、普通には吸収されません。

ほうれん草などから摂取する鉄分、鉄瓶や釘煮で補う鉄分は、二価鉄ですから、ほとんど吸収されない。



…なんですが
実は、腸内細菌がこの二価鉄を、三価鉄に変換してくれるんです。
これはぼくも最近知りました!



 昔々、日本人はあまり肉を食べていなかった様です。
狩猟をしていた地域の民族は食べていたでしょうが、農業の営みが主だった地域の人たちは、肉より野菜を中心に食べていた様です。

なのに、どうやって鉄分を補っていたのか??
と疑問だったのが、ここで解決しました。



日本人は腸が長く、腸内細菌が豊富な民族だった。
その為、野菜からの二価鉄から、三価鉄を作り、鉄分を補える状態にあった。



それが、抗生剤やクスリの乱用と欧米食が主流となってしまった事で、腸内環境が乱れ、栄養吸収も栄養生産もできない体になってしまった。


 もう、最近の食べ物、スイーツは、もっぱら「和」です。

小麦と乳製品のスイーツではなく、餅や栗やみかん。
健康的〜♪



貧血の人が、病院で処方してもらう鉄剤。
あれは多分吸収できてないから気分が悪く、吐いたりするんです。

腸内環境が悪いと吸収できない。

昔の人が、鉄瓶で茶を沸かしたり、煮物をする時に釘を入れて釘煮にして鉄分を補っていました。
これが適応できたのは、腸内環境がきちんと保てていたからです。

でないと、具合が悪くなる。
貧血を治したければ、まずは腸内環境を整える事が先!




 そして、気をつけたいのが、腸内環境を整える際に用いられる方法です。




「食物繊維」を摂りましょう
と言われますが、食物繊維は腸内細菌が分解してくれるもので、人間は消化できません。
ですから、腸内環境が悪い人は、食物繊維が消化できないので、摂り過ぎ要注意です。
少量にしましょう。




「ヨーグルト」が良い
と言われますが、乳製品は基本的にアレルギー物質です。腸内炎症を起こし、腸内環境を見出します。
日本人は日本人らしく、漬け物や味噌汁で腸内細菌を育てましょう。




日本人には、日本人に合った腸内環境を作っていくことが重要。
腸内細菌が豊富でなければ、体調不良が繰り返されることになります。

クスリ、抗生剤などのせいで腸内細菌が死滅していきます。
危険性がない熱は、クスリを控え、体を暖め、頭を冷やし、自然治癒を待ちましょう。









ブログのトップページへ戻る