心と体

心と体 · 2022/09/26
 人間が点数、成績で評価される様になったのはいつ頃からなのだろうか。 「お利口さん」という言葉がとても嫌い。 褒め言葉に聞こえるようだが ぼくの脳ミソでは 「私たちにとって、とても都合のいい君…」という意味で捉えられてしまう。 人を馬鹿にした様な嫌味や、支配に満ちた、耳障りの悪い言葉 日本はいつからこんな事になってしまったのだろうか。...
心と体 · 2022/09/14
 「過敏症」「繊細」「敏感体質」 電磁波に弱い… シェディングで具合が悪くなる… 人の念やエネルギーに敏感で繊細… 特殊な体質だ と思わないでほしい。 気を悪くしないで読んでほしいのですが、上記のような状態で困っているという事は、既に…だいぶ健康的な状態から外れてしまっている。 おそらく食事に気を使っていたり...

心と体 · 2022/05/15
 グルテン・カゼインアレルギーでなくても、小麦乳製品食品を避けた方がいい理由はあります。 まず第一に、海外から輸入される小麦乳製品は品質がそもそも悪いという点は言うまでもなく。 元々、日本人は牛乳なんて飲む人種ではなかったので、遺伝的に乳糖を分解する事ができないのと、消化酵素が日本人は日本人な点。...
心と体 · 2022/03/30
 脳は予測で判断している。 脳の一番重要な役割りは「体を守る」ことです。 危険を予測し、回避策を立てています。 痛みやコリと言われるもの、関節の可動域減少、筋力の低下、鬱感情… などなど、全ては体を守る為にやっている。 というのが大前提です。 怖い!痛そう!不安!緊張!驚き! これらを予測して、体を反射的に反応を起こしています。...

心と体 · 2022/01/09
 明けましておめでとう御座います。 2022年の初ブログ更新です。 昨年は本当にたくさんの方々にお世話になり、誠に有難う御座いました。 感謝感謝の一年でした! 今年も頑張って、皆さまに健康を色んな形で提供できるよう、施術もYouTubeも講座も頑張って参りますので、御愛顧賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。  さて。...
心と体 · 2021/09/23
 腸内の状態が、あらゆる病気に関与します。 幼少期であれば、発達障害や自閉症、知的障害。 高齢期であれば、アルツハイマーやパーキンソンなどの神経変性などなど。 お腹が痛い、下痢や便秘、腰痛、頭痛などに限らず、腸内環境や腸内細菌の乱れは、神経系の問題にまで発展することは、随分前から分かっています。 このところ、動画では腸内細菌のこと…...

心と体 · 2021/05/07
 全国で医療従事者、高齢者の順で無料駐車サービス(隠語でないといけないので察してね)が実施中です。 全世界で被害者が出ていますが、そんな事は表に出ては来ない。 表に出てきても、信じない人が大半かも知れません。 でも、ちょっと考えたら分かる話しなのですが… 未だに子宮頸がんの駐車サービスを受ける方がいる事…本当に意味が分からない。...
心と体 · 2021/03/12
 近頃、YouTubeの更新をメインにしており、ブログがおなざりになってしまっておりました。 ここでは、タンパク質のお話しの補足をしてみようと思います。 消化をする為には、まず噛むことが必要で、それが大前提になります。 硬かろうが、柔らかかろうが、噛まないことには始まりません。...

心と体 · 2021/02/05
 立春が過ぎ、いよいよ春です。 季節の変わり目は何かと変化があるもの。 先日から、親知らずの残りを抜歯したり、眼鏡を作り直したり、動画を新たに投稿し始めたり。 自分の中での変化がいろいろとありました。  大人になると、友達という存在を作ること、存在ができること、というのはなかなか難しくなると思う。...
心と体 · 2021/02/01
 以前から「腸内環境」について、書く機会が多く、伝えたいこともたくさん。 動画もシリーズにしてあげていっております。 動画は第三話まで公開しました。 この記事は、第五話辺りの話しになるかと思いますが、「慢性炎症」についてです。  慢性炎症と、通常の炎症とは全く別。 動画の第二話辺りで説明した、腸内の炎症。...

さらに表示する