· 

症状の改善ではなく、原因の改善が必須



 身体の歪みは何故起こるのか?
整体や整骨院などに行くと、骨盤の歪みが原因となって、身体が歪むと言われる。


整形外科でレントゲンなどを撮ると、背骨が歪んでいると言われる。



では、そもそも何故、骨盤や背骨の歪みが起こるのか?




何かしらの「歪み」には、必ず原因がある。



骨盤が歪むから身体が、背骨が歪むのであれば、そもそも骨盤が歪むのは何故か?




脚を組むクセがあるからだと言われる事があるが、脚を組んだくらいで歪む様なやわな構造をしているなんて、おかしいと思いませんか?




そんなヤワな作りをしていては、日々の生活も、労働もままなりません。
妊娠出産なんてもっての外ですね。





そう。
世間一般に言われる「歪みの原因」は嘘です。
真実を伝えてはいない。






身体の歪みは、内臓の負担によって起こるのです。
そして、その内臓の負担とは、日々の食生活による影響によって起こります。



つまり。

身体の歪みは、日々、何を、どんな風に食べているか?

で起こってくるのです。





 どれだけ筋肉を鍛えても内臓にダメージをくらうと、人は一気に弱ります。



食べ過ぎ、飲み過ぎ、ケミカル食、糖質過多、クスリの乱用、長期服用、アレルギー物質と知らずに食べている、ほとんど噛まない、ストレス過多



内臓はとても大切です。


胃が傷付く、胃に穴があく…
腸を一部でも切除してしまう…
胆嚢を切除してしまう…
腸内細菌叢のバランスが崩れる…
肝臓に負担をかけ続ける…
腎臓に負担をかけ続ける…
膵臓に負担をかけ続ける…


など

これらはとてつもなく身体が弱る。







肺が、腎臓が、肝臓が、尿が、便が、血液が…



数値で異常が現れていないから問題ない。
ではない。

数値異常が現れる前に未然に防ぐために、何とかする事が重要で、数値異常を見つける事に重きを置いてはいけない。


数値異常が診られるという事は、もう既に内臓は終わりを迎えている…と思った方がいい。


数値に異常が診られてからでは遅いのだ。




数値が原因ではない。
原因があったから、数値異常にまで発展している。




具合いが悪い
腰が痛い
背中が痛い
首肩が痛い
膝が痛い
手首が痛い
ギックリ腰だ
寝違えだ
背骨が歪んでいる
ヘルニアが
坐骨神経痛が



整形や整骨院などに相談するような症状も全て、原因・発端は内臓負担である。




ウツロイでは、頭蓋骨を介して脳から自律神経などを作用させ、内臓調整を試みます。
神経は、内臓も筋肉も関節も身体の機能の何もかもを管理、制御しています。
神経異常、エラーがあると、内臓を治そうにも治らない。


それが脳蓋調律です。


それで改善が見られないような状態には、細胞の振動波調を整え、常識の浄化を促す、浄化調律で整えます。


ネガティブなエネルギー波調を抱えていたり、内臓固有の振動数が乱れていたり
目に見えない、数値化できない、クスリや手技ではどうしようもないものなどに、とても効果的な自然療法です。


ウイルス反応やアレルギー反応の除去なども浄化調律で行っています。





と、いう感じで、ウツロイは普通のヒーリングにはない、メディカル視点をしっかりと持ち
一般医療などでは見られない、スピリチュアル視点も合わせて持っています。



医(メディカル)
魂(スピリチュアル)




クライアントとともに不思議な体験ができるので、やってるぼくも、なかなか面白いです。






とにかく。
歪みを原因と考えない
歪みには、歪む原因があるという事。

血液の数値や画像診断などには、原因は何ひとつ見えてきません。


何故なら、起きている事象…症状をみているに過ぎないからです。



健康は症状の改善が必要なのではなくて、原因の改善が必要なんです。