· 

三寒四温で気をつけたい体調不良


 徐々に暖かくなっていく季節ではありますが、急な寒波で一気に気温が下がり、梅や桜が咲くにも関わらず、雪が舞ったりすることも。

雪月花ですね。


先日がまさにその様な天候でしたね。


この様な三寒四温の時期には、寒暖差のストレスで身体の抵抗力が弱まり、ヘルペスなどの感染症も多くなります。

帯状疱疹や口唇ヘルペス、口腔内ヘルペスなどです。

ですが、昨今の消毒やマスクのせいもあり、ガンジダ菌感染もあるようで、例年よりも注意が必要ですね。

手消毒は必要な場面以外では率先してやらないこと!
家に帰ってまず手消毒…
スーパーのドアをくぐったら即手消毒…

手消毒を求められた時以外はやってはいけません。


自分の抵抗力が弱り、常在菌のバリアが破られ、病原性の細菌やウイルスの侵入を容易にしてしまいます。



 ヘルペス、帯状疱疹、その他感染症に罹ったら、まずは「ビタミンC」をたくさん摂取しましょう。

インフルエンザなどの感染症には、ビタミンCが効果的です。

ハーブなら「ローズヒップ」や「ハイビスカス」などを使いましょう。
無いなら、レモンでも構いません。
とにかくたくさんビタミンCを摂ることを怠らない様に。


Amazonなどで、顆粒のアスコルビン酸を購入しておくのもオススメです。
コップ一杯の水に溶かして飲むと良いです。
ウツロイでは、よくクライアントさんにお渡ししています。


感染症、風邪などは長引かせないことがコツです。

ビタミンと水と天然塩をたくさん摂取して、超少食で風呂で身体を温め、汗をたくさんかきましょう。
風呂上がりは、頭を冷やしてゆっくり寝て、超回復です!



 以下のモノは病状を長引かせます。

お腹いっぱい食べる
お粥やうどんなど噛まずに食べれるものを食べる
甘いものを食べる
甘い飲み物を飲む

また、パンやうどんなどの小麦粉製品、牛乳やヨーグルトなどの乳製品を摂ることは病態を悪化させ長引かせます。


病気の回復は、身体が病気を回復させることに専念させてあげてください。
たくさん食べたり、糖分の過剰摂取は、過剰に内臓を働かせることは、病気の回復作業を邪魔します。



 最近感じることは、日本食の主食であるとされる「米」に疑問を感じます。

米は主食ではなく、副菜と考えるべきではないか…と思っています。

また、バスマティライスやジャスミンライスなどの方が糖の過剰摂取にならずに済むので、日本米より良いのではと感じています。
日本米はただの糖の過剰摂取になっているだけの様な気がしてならないのです。

玄米にしても、農薬にまみれているし
「噛む」ことを忘れてしまった日本人には、もはや負担でしかない。


日本人から本当の漢字を奪ったGHQ
「氣」を「気」に書き換えたのは、日本人の神秘的な力を封じる為だと聞いた事はないでしょうか?

品種改良と謳われている「米」は、日本人の「氣」を狂わせる為に仕組まれている罠なのでしょう…。

 …と、話しが脱線しましたね。


それではまた。





ブログのトップページへ

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    武藤利枝 (木曜日, 15 4月 2021 02:32)

    仕事で半日フェイスシールドとマスクをしたらその日の夜くらいからカンジタのような症状が出ておかしいなと思っていたら先生のブログに行きついてなるほどと思いました。本当に西洋医学は嘘しかないと思います。
    私は検査専門クリニックでバイトをしている看護師です。今病院に近づいたら非常に危ないと強く感じます。無駄で意味のないMRIを受けにくる人ばかりでうんざりします。治らないどころか、ますます悪化する人をまじかで見てしまってやりきれなさを感じています。
    私自身はぼちぼち東洋医学の勉強を始めているところで自分で自分や家族のケアができるようになれるよう準備中です。
    私は昔から猫背で腰痛や膝痛で10年くらいピラティスを習いちょっとくらいの痛みは自分で調整できるようになったのですが猫背や側湾は治らず行き詰まった感があったので先生の姿勢のYouTubeはある意味衝撃ですぐには受け入れることができないくらいでした。考えてみればピラティスも西洋医学ですね。先生のYouTubeを見たりキネシオロジーを学んだり鍼治療を受けたりしてから姿勢が根本的に変わってきた気がします。
    2年前からファステイングを定期的にするようになってから体質がデトックス体質とでもいうのですか、悪いものを食べるとすぐに反応するようになって面白いくらいです。小麦や乳製品もできるだけ摂らないようにしています。ファスティングの回復食の参考になるものを探していたときに見つけた若杉友子先生の本で氣の話がありました。周りの友人が医療関係者が多いせいか花粉症や痔で悩んでいる人に色々言ってもなかなか聞いてもらえないのが悩みです。ある意味お節介なのかもしれませんね。
    先生のおかげで学びが深まっているので応援の意味も兼ねてコメントさせていただきました。ありがとうございます。これからも楽しみにしています。福岡に住んでいるのでいつか先生の施術を受けに行きたいと思っています。