· 

発熱について


 
発熱したらすぐに解熱剤を飲む、あるいは飲ませるのは、待ったです。
 
本当に解熱が必要なのか?
 
 
あなたは、体温計を使う時、どちらの脇に挟みますか?
 
 
 
左?右?
それとも両方?
 
 
 
 
両脇で計ってみてください。
 
左脇で計ると、37.5℃
右脇で計ると、36.0℃
 
なんて事があります。
 
 
左右で体温差があるのは、甲状腺機能低下か神経系に問題がある時です。

どちらの脇で計った体温で判断すべきか?
 
「解熱剤を使う」
という前提で見るのではなく
 
体に起きている異変は、どういう異変なのか?
を判断して見てほしい。
 
 
普段から、35℃台が平均の低体温の場合
36℃台であることで、耐性が正常に取れないことがあります。(微熱っぽく感じる)
 

体温は36.5℃〜37.0℃くらいが好ましい。
発熱は、菌に耐性するべく免疫反応を起こす為に発熱します。
 
低体温の場合、免疫機能が低下するのは体温を上げられないからです。
 
 
正常な体温で、なおかつ両脇で体温を計って
左38.5℃/右38.4℃
などであれば、「発熱している」と判断して良いが
 
低体温で、なおかつ左右で体温差が、1℃前後ある場合は、解熱剤を使う…という処置は、病態を長引かせる、または別の病気を作ります。
 
 
 
 
大切なのは、普段の自分(または家族)の平熱をきちんと把握しておくことです。
 
そして、発熱は「悪」だとしないこと。
 
 
 
 
発熱は、解毒です。
 
何故、発熱するのか?
というメカニズムを知ってください。
 
 
菌が体に入ったら、発熱しなければ解毒できませんから。
解熱剤やクスリを使わずに治るなら、それに越したことはありません。
熱い風呂に入って体を温めて、布団に入って汗をたくさんかかせる。
 
頭と首筋だけ冷やす。
 
 
熱を下げることは、治癒から遠ざけます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
>>> ブログのトップに戻る