· 

あかちゃんの症状相談

 
あかちゃんの相談ごとと言えば、ワクチンに対するご相談を多く受けます。
 
 
「ワクチンを受けるのに抵抗感があります」
「どのワクチンなら受けても大丈夫ですか?」
 
 
 
ぼくの答えは
受けさせたくなくて、受けなくても問題なければ、受けなくても良いのでは?
どのワクチンも必ず、症状が何かしら出てきますので、どのワクチンなら大丈夫か…は残念ながら大丈夫なワクチンなんて無いと思ってます。
 
 
 
受けなくても問題なければ…
 
というのは、病気とかそんなことではなく行政が受けられなくなる事が問題です。
 
ワクチンを打っていなければ、保育園や幼稚園の入園許可がおりない地域もありますし、海外旅行ができなくもなります。
 
また将来、公務員を目指すならワクチンは必須…
ワクチン打たない人は公務員にはなれないんだそうです。
意味わからんけどね…。
 
 
 
 
食品添加物も農薬や工業公害もワクチンも、何もかも避けて通る事ができない国になってしまっているのですよ。
 
肉や卵にしても、牛ちゃん、豚ちゃん、鶏ちゃん、みーんなホルモン剤や抗生剤を混ぜ込んだエサを食べて育っているので
「安心!安全!」はあり得ません。
 
あそこの農家さんのお野菜は、無農薬(または低農薬)です。
って言っても、水源近くの田んぼや畑、近所の田んぼや畑、さらには農協が管理している種や苗が農薬まみれだと…ね。
 
 
 
 
毒が蔓延する日本です。
ワクチンを受けないことで、病気が重症化するのではなく、ワクチンを受けることで、病気が発症します。
 
発達障害、知的障害などは、ワクチンが関与していると思って間違いないでしょう。
 
 
 
昔、BCGは小学生で受けていました。
体育館にパンイチになって一列に並んで、流れ作業で打っていましたね。
 
その後から、急に病弱になったり、ぜんそくみたいな咳をしますようになったり、鼻炎になったり、口を開けて横目したり、寄り目になってぼーっとしたり
 
 
小学生くらいのこどもの大きさになると、異変に気付きますが、産まれて間もないあかちゃんだと、異変が分からない。
あかちゃんの頃に打つよう作為的に早めているのでは…とも思ってしまいます。
 
 
 
 

 

避けられないなら抜くしかない。
 
 
ウツロイでは、ポーションを使って毒出しを促していきますが、日頃からアミノ酸(タンパク質)やミネラル、ビタミン、良質な脂質、食物繊維の摂取を心がけておいてください。
 
 
そして、お水(お茶やコーヒー、ジュースではない)をたくさん飲むように。
 
 
例えば、サプリメントでも野菜や果物を業種させたものなら残留した農薬は入っています。
ホエイプロテインもソイプロテインも残留した農薬やホルモン剤、抗生剤は入っています。
 
 
そこで、ぼくはミドリムシのちからをオススメしてるって言うのもあります。
ミドリムシは藻ですから光合成で増えていきます。
石垣島の水で育てられています。
ホエイやソイプロテイン、他サプリメントより、安全性の面でも優れていると言えますね。
 
 
 
食生活で、栄養素をバランスよく摂って、健康的な母乳を作って、あかちゃんに飲ませてあげてください。
 
 
 
そして、あかちゃんを良く観察してあげてください。
 
 
 
 
 
ワクチン投与後、次の様な状態が出てきたら要注意です。
 
・原始反射が出なくなった ※1
・寄り目になった、寄り目がひどくなった
・海老反りをやたらとする
・泣きじゃくる事が増えた
・逆に泣かなくなった
・目が泳いでいる感じ、眼球が震えている
・口呼吸するようになった
・鼻がカピカピで詰まっている
・咳や息苦しそうな感じが出てきた
・便秘や下痢が増えた
・皮膚に湿疹やできものができた
・肌が乾燥、逆にベタベタしだした
・首が座らない
・関節が力なくクニャクニャ
・寝返りができない
 
 
 
などなどです。
異変を感じたら、小児科医に相談してみましょう。
 
 
 
「ワクチンを打った後から、随分と変わったしまった!○○な症状が治らなくなった!」など、訴えてみてください。
良いお医者さんなら、何かしら対象してくれます。
"お医者たん"だと、「そのうち治るでしょう!」と言います。
 
その場合は、ウツロイにご相談くださいね。
 
 
 
粉ミルクも、とんでもなく添加物、化合物が入りまくってますね。
びっくりしました。
 
 
 
あかちゃん整体で、最近よく使います。
かざすと、オナラをブーッと気持ち良さそうに出して笑ってくれます(^ ^)
 
 
 
オナラ、おしっこ、うんち、咳払い、くしゃみ、呼吸が深くなる、顔色が良くなる、などの反応がすぐに見られます。